きもの  彩苑saien日記

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

三連休  

6日(土曜日)

午前中はお茶のお稽古へ。
着物は型絵染めの小紋単衣で伺いました。帯は太鼓柄の九寸。

9時30分頃家を出ましたが まだまだ暑い!日傘が必要です。

ナカ…中…中置だったかな。
10月、裏千家ではお釜位置がお客様寄りに、手前座の中心に風炉を据えます。
風炉から炉に変わる季節、少し温かく過ごしてもらう心遣いだそうです。

そういえば春には 羽があるお釜で 炉の火が見えないようにする〜とありました。

お茶道なので約束事は沢山ありますが、
相手を思う、よって生まれるお道具、作法にいちいち『ほ〜』と頷いています。
そうそう毎回、新鮮な驚き。

去年やっているはずの 中置のお手前もさっぱり消えており、
先生による音声ガイドが頼みの綱

この日はそのまま祇園の陶然亭でランチ

生徒のお一人が寿で辞められるので送別会です。
12月からは台湾へお相手は中国の方だそうです。
(先生、いいわ〜と連発。5月にお茶の元祖を巡る旅で訪中、いろいろ思い出されたご様子)

京料理で3.000円コースをいただきました。
女性が喜ぶいろんなモノをすこしづつな感じ。
かなり食べ応えありましたよ〜。締めのおじゃこのご飯はお代わり出来るし(しなかったけど)

壁の唐紙は唐長さん しつらえも素敵なお店でした。












category: 日記

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://saien17.blog109.fc2.com/tb.php/182-119115cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。