きもの  彩苑saien日記

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

葡萄帯   

この時期は この柄を染めたくなります。
IMG_2606_convert_20140927013650.jpg

スポンサーサイト

category:

tb: --   cm: 0

お絞り遊び  

生地がたくさんあるので
絞り染めで夏帯を染めてみよう

名古屋帯で5mくらいかな

縦に1/2して さらに屏風たたみで1/2
IMG_1882_convert_20140624005505.jpg
 
端から 三角形にパタパタ折っていきます
IMG_1883_convert_20140624005534.jpg
こんなにフニャフニャではないのよ〜

折るときはキッチリ際を揃えて アイロンを使って
丁寧に仕上げるのがコツ

組織が少し複雑だったこの生地はふわり 膨らみやすくてやりにくかった
大抵こういうものは 
水を含ませると扱いやすくなるのだけど〜そんな期待も砕かれました


水浸 → 染色 → 水元

三角だけを解いた状態
IMG_1885_convert_20140624005607.jpg

板で締めていないので じんわり滲んでます。

水の中で泳ぐ反物
 色が定着していないので 水に緑が出ています。
 充分な水量を使えば それほど白場を汚しません
IMG_1886_convert_20140624005635.jpg

乾かしてから 蒸しに入れてやっと色を定着

IMG_1888_convert_20140624005657.jpg


雪花絞りのバリエーションを増やしたくて染めてみたけど
綺麗に花を咲かすには
何もかも足りないわ
生地も適材を選べるようにならないと〜

お昼休みの自主トレでした。

category:

tb: --   cm: 0

彩苑帯とカンタータ帯  

土曜日はカンタータの前に
お茶道のお稽古でした。

ゴールデンウィークや帰省の関係で
一ヶ月空いてしまいしかも風炉のお手前になっている

思い出せないわ…何にも!と思っていたら 初めて習うものでした。

“流し点”のお稽古 
親しい方に点てる際、和やかに歓談できるよう
少しお客様に向かって座り点てるお手前。

同席の生徒さん(正客役)に
先生のお茶も点てさせていただき、
最後は自服もして 
この”ちょい斜め“すごく楽しいとても気に入りました。

お稽古では
P1050638.jpg  P1050635.jpg
*着物 単衣大島紬
*帯 彩苑帯 窓絵絞り 秋草文様

絞り大好きです。型染めに出せない立体感があるから。。
たまに絞りも遊んでます。             


カンタータの装い
P1050637.jpg
*着物 単衣紬
* 帯 栗山帯 月下美人(2012カンタータ型)

親方は『濃地の方が花が映えるのに!』と言うてましたが

い〜のっ!この薄紫の着物に合う元気なカラーが欲しいっ
濃いのは仕事で何回も見てるから〜!

洋服では手が出せない色目も へっちゃらなのも着物醍醐味の一つですよね
 

category:

tb: --   cm: 0

むらさき姫の帯  

P1030498.jpg
水元に浸かってふにゃけてま〜〜〜す

P1030500.jpg

むらさき姫の「百合&菊」帯でした。

『本紅型かと思った!』とクリ◯マの営業さん

うふふ〜手の込み具合なら負けませんわよ

この後は地染めです。

立涌を2色でぬり分けようかな。
垂れ先はやっぱりむらさきでしょう。
P1030502.jpg

category:

tb: 0   cm: 4

菊百合帯 むらさき姫  

三連休で、型彫り完了しました。
P1030270.jpg
明日、紗張りに。

週末に生地は手配したし、
今週中に糊置き出来ればなぁ。

家でも糊置き出来たらいいのだけれど…

category:

tb: 0   cm: 3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。